A膀胱 B前立腺部尿道 C球部尿道 D振子部尿道 E外尿道口 J内尿道括約筋 K外尿道括約筋 L射精管

10前立腺マイクロチップ 30補助チップ 31セーフティチップ 40連結紐

 

 

OKプロステートチップ(ミルキングマイクロチップ)は素材と形状によって多くのバリエーションがあります。

このページではそれぞれの違いの説明と各商品ページへのリンク、

また総合的な商品概要をご案内します。

 

各商品の概要と個別商品ページへのリンク

・定番商品

  お試し版チップ単体 1チップタイプ 2チップタイプ 2連結タイプ ロングタイプ セミロングタイプ
樹脂素材

1080円

商品ページへ

2160円

商品ページへ

4320円

商品ページへ

4320円

商品ページへ

   
ガラス素材

2160円

商品ページへ

3240円

商品ページへ

5400円

商品ページへ

6480円

商品ページへ

6480円

商品ページへ

4320円

商品ページへ

 

  ショートタイプ セミロングタイプ 覚醒タイプ ロングタイプ
陶器素材

3240円

商品ページへ

4320円

商品ページへ

5400円

商品ページへ

6480円

商品ページへ

陶器素材

勾玉形状

4320円

商品ページへ

5400円

商品ページへ

6480円

商品ページへ

7560円

商品ページへ

 

 

・樹脂チップ特殊

 

1チップタイプ

ノコギリヤシ

1チップタイプ

スクリュー

クロスジョイント連結タイプ

 

クロスジョイント連結タイプ

ノコギリヤシ

 

クロスジョイント連結タイプ

スクリュー

樹脂素材

2160円

商品ページへ

4320円

商品ページへ

4320円

商品ページへ

4320円

商品ページへ

8640円

商品ページへ

 

・ガラスチップ特殊

  覚醒チップ(仮)

1チップタイプ

ツイスト

セミロングタイプ

コブラツイスト

ガラス素材

5400円

商品ページへ

4320円

商品ページへ

5400円

商品ページへ

 

・セパレートタイプ

  セパレートタイプ♂チップ       セパレートタイプ♀チップ    

樹脂素材

2160円

商品ページへ

2700円

商品ページへ

ガラス素材   

3240円

商品ページへ

 

 

 

・三穴方式オプションチップ(カスタム用追加パーツ)

  括約筋ストッパーチップ 補助チップ 亀頭外側ストッパーチップ セーフティチップ
樹脂素材

1620円

商品ページへ

1620円

商品ページへ

1080円

商品ページへ

540円

商品ページへ

 

 

・六穴方式オプションチップ(カスタム用追加パーツ)(2本糸バージョン用)

  括約筋ストッパーチップ 亀頭外側ストッパーチップ セーフティチップ
樹脂素材

2160円

商品ページへ

1620円

商品ページへ

1080円

商品ページへ

 

 

・核振チップ(振動機能付き)

  ショートタイプ セミロングタイプ 覚醒タイプ ロングタイプ
樹脂素材

4320円

商品ページへ

     
ガラス素材

5400円

商品ページへ

6480円

商品ページへ

7560円

商品ページへ

8640円

商品ページへ

陶器素材

5400円

商品ページへ

6480円

商品ページへ

7560円

商品ページへ

8640円

商品ページへ

核振チッププレーン(振動機能のみ)

  核心チップ プレーン(胎児チップ)
チップ部なし

3240円

商品ページへ

 

 

・核振チップ追加オプション(核振チップと合わせてご注文ください)

ICコントローラに変更 ローテクコントローラに変更 ナイロン糸追加 平行ケーブルストッパー追加

2160円

商品ページへ

1080円

商品ページへ

1080円

商品ページへ

1080円

商品ページへ

 

 

・お尻タイプ

  1コブUターン型 2コブUターン型 螺旋型 尸の字型
樹脂素材

5400円

商品ページへ

6480円

商品ページへ

8640円

商品ページへ

7560円

商品ページへ

 

・お尻タイプ補助具

  骨盤底筋サポーター コントロールベルト
ストッキング素材

2160円

商品ページへ

540円

商品ページへ

 

 

 

・素材

樹脂素材とガラス素材と陶器素材の3種類があります。

 

「ガラス素材」版は本来のOKプロステートチップです。潤滑剤が少なくてもスムーズに尿道奥まで進みます。

ガラスの素材や強度に不安がある方へは、「樹脂素材」版が安全かつ廉価版となります。ただしガラスより抵抗が強く、潤滑剤を多く用いることをおすすめします。

「陶器素材」は新素材として登場しました。扱いはガラス素材に近いですが、陶器独特の質感や存在感があります。